2016年05月18日

韓国・全州国際映画祭、政治介入にも敢然と 社会派作品次々上映 復活したインディペンデント魂

1全州会場.jpg

 韓国の全州国際映画祭(JIFF、今年は4月28日から5月7日)に通い始めて10年ほどになる。JIFFは2000年にスタートして以来、「デジタル&インディペンデント」を掲げ、国内のほかの映画祭と差別化を図ってきた。ゲストや作品数、取材陣の数こそ釜山国際映画祭に及ばないが、小規模な映画祭だけに映画人と観客との距離が近い。うららかな春の時期に韓国屈指の伝統文化とグルメの街・全州で開かれることも魅力のひとつだ。

 ただ、映画界でデジタル上映が主流となってからは「デジタル」というテーマの新味が失われていた。さらに執行委員会内部でスタッフ間の対立が起きた影響もあってか、上映作品の選定にポリシーが感じられなくなり、ここ数年は「アイデンティティーを見失っている」と厳しい評価も受けてきた。

 しかし今年は違った。ラインアップには優れたインディペンデントが並び、独自性を存分に発揮した。市内の観光地でのPRイベントも奏功し、週末にはメーン会場の「映画ストリート」に多くの市民が訪れて地域の祭を盛り上げた。

2最悪の女質疑応答.jpg 37年質疑応答.jpg

劇映画からドキュメンタリーまで

 インディペンデントの力はさまざまなジャンルの映画に見られた。JIFFの常連イ・サンウ監督は、人間の心の奥底にひそむ欲望を容赦なく描き出す作風でマニアックなファンを持つ。今年は心温まるヒューマンドラマ「スター朴(パク)の茶房」を発表して観客の意表を突いた。

 韓国インディペンデント映画のコンペ部門にノミネートされた「最悪の女」(キム・ジョングァン監督)は、別れた不倫相手と現在の恋人に振り回される女と、韓国を訪れた日本の小説家のそれぞれの一日を描いたもの。ほろ苦い一日を過ごした男女が心を通い合わせる瞬間に心が和む。小説家役の岩瀬亮は6月に日本で公開される「ひと夏のファンタジア」(チャン・ゴンジェ監督)にも主演し、韓国映画と縁を深めている。

 コ・ヒヨン監督が故郷の済州島で海女たちを7年間にわたり撮り続けたドキュメンタリー「水の息」は、人魚のように海中を舞う海女の美しさと、生と死が隣り合わせの仕事の過酷さを描き出す労作だ。

4映画ストリート.jpg

揺れる釜山映画祭を横目に

 JIFFが開催されたのは、釜山国際映画祭が「表現の自由」をめぐる問題で揺れている時期だった。騒動のきっかけは2014年。旅客船セウォル号の沈没事故を扱ったドキュメンタリー「ダイビング・ベル」について、釜山市が事前に「政治的中立性を欠く」として上映中止を要請したが、映画祭側は上映した。ここから映画祭側と市側の対立が深まり、市は執行委員長を解任。映画関係者らは市を批判し、今年4月に映画祭のボイコットを宣言する事態となっていた(5月9日にカン・スヨン執行委員長とソ・ビョンス釜山市長が今年の映画祭を予定通り開催することで合意した)。

 だが、JIFFはこの混乱をよそに、政治的問題を扱った映画を何本もラインアップに盛り込んだ。韓国の進歩派ネットメディア「オーマイニュース」によると、キム・ヨンジン主席プログラマーは開催前に「表現の自由を重視する」と明言。組織委員長のキム・スンス全州市長も「映画祭は戦場ではなく祝祭の場」と、釜山騒動を暗に批判したという。

5映画ストリート2.jpg

 韓国の情報機関、国家情報院のスパイねつ造事件を扱った「自白」(チェ・スンホ監督)は今映画祭でドキュメンタリー賞を受賞した。李明博(イ・ミョンバク)政権時に与党側から送り込まれた社長の就任に反発したり、政権に批判的な報道を行ったりして職を解かれたジャーナリストたちの復職闘争を追った「7年 彼らがいない言論」(キム・ジンヒョク監督)は、当事者のジャーナリスト7人が上映後の舞台あいさつに立ち、保守政権のメディア規制を強く非難した。いずれも注目度は高く、チケットは早々と完売した。

 こうした社会批判的な映画を2期連続の保守政権の最中に堂々と上映するところに、JIFFが目指す方向性が見える。もちろんJIFFが独立性を維持できることには、全州市が野党の牙城・全羅道にあって市長も進歩系であることが関係しているだろう。とはいえ、メディアへの政治介入が問題化する時期に、政治的に微妙なテーマの作品をあえて選択することの意味は大きい。

 実は、JIFFはこれまでも「MBの追憶」(キム・ジェファン監督)や「天安艦プロジェクト(ペク・スンウ監督)といった権力批判的な映画を数多く紹介してきた実績がある。常に権力側からの圧力が取りざたされながらも上映を敢行してきた映画祭なのだ。

6最悪の女スチール.jpg 7水の息スチール.gif
8自白スチール.gif 97年スチール.gif

独立性を守って

 筆者は金大中(キム・デジュン)政権から盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の終盤までの時期に韓国に滞在した。長く続いた言論統制の時代に別れを告げ、表現の自由が一気に花開いた時期だった。韓国が保守政権に変わった後、その雰囲気は次第に失われていった。一度自由を手にした人々が反発を強めるのも当然だろう。

 4月末、韓国政府による今年度の国際映画祭育成支援事業の補助金額が発表され、JIFFは前年比4000万ウォン(約370万円)削減された。これを報復措置とみる声もある。だがたとえ何らかの圧力があったとしても、JIFFのインディペンデント魂がついえることはないだろう。多様な価値観の映画を観客に届けるという役割が、これからのJIFFに託されている。

(文・写真 芳賀恵)

写真1: 映画祭の野外広場
2:「最悪の女」質疑応答。右端は岩瀬亮
3:「7年–彼らがいない言論」質疑応答
4:メーン会場の映画ストリート
5:同上=いずれも全州市で芳賀撮影

6:「最悪の女」
7:「水の息」
8:「自白」
9:「7年 彼らがいない言論」
posted by 映画の森 at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

「すれ違いのダイアリーズ」ニティワット・タラトーン監督に聞く タイの小さな水上学校、まだ見ぬ相手への恋「一人になれば、誰かを精一杯思うことができる」

ニティワット・タラトーン監督1.jpg

 電気なし、水道なし、ネットなし。俗世から隔絶されたタイの田舎町。広大な湖に浮かぶ水上学校で、新米男性教師が前任の女性教師が書いた日記を見つける。寂しさや喜びが打ち明けられた文章を読むうち、まだ見ぬ彼女に恋心が芽生える──。

 ニティワット・タラトーン監督のタイ映画「すれ違いのダイアリーズ」は、日記がとりもつ教師二人の成長と、見知らぬ相手への恋を爽やかに描いた人間ドラマだ。ニティワット監督が聞いた二つの実話がベース。児童数人の水上学校、時間差で赴任した二人、互いをつなぐ手書きの日記帳。時間と空間を鮮やかに超える脚本が見事だ。

diary_main.jpg

 「軸になるテーマは二つ。まずはタイの教育。実在する水上学校の話を聞き、働いている先生の魂、自分を捧げる様子にひかれました。もう一つは恋愛。果たして人は顔を知らない人に恋ができるのでしょうか」

 二人のモデルになったのは、タイ北部、国内でただ1カ所の水上学校に勤務するサーマート先生。監督は初めて会った印象を振り返る。

 「とても素敵な人。謙虚でいつも微笑んでいる。何より感動したのは『皆が私をほめるが、ただ自分の仕事をしているだけ』と話されたこと。すごくかっこいいなあ、と思いました」

ニティワット・タラトーン監督2.jpg

 そんな先生をモデルに演じた俳優二人も、とても魅力的だ。特技はスポーツだけ、不器用な新米教師のソーン(スクリット・ウィセートケーオ=通称ビー)。熱意はあるが周りと衝突しがちな女性教師のエーン(チャーマーン・ブンヤサック、通称プローイ)。いわば「はみ出し者」の二人が、人里離れた湖上で子供たちと向き合い、成長していく。ロケ地は中部ペッチャブリー県の国立公園。どこまでも青い湖面、雄大な景色が二人を包み込む。

 「先生たちが向き合う苦労を、撮影チームも同じように経験しました。何もないところに一からセットを作り上げ、寂しさや距離、困難を感じました。水の中で泳ぐシーンも体を張ってくれて、俳優たちもよく頑張ってくれました」

diary_sub1.jpg diary_sub2.jpg

 ソーン先生を演じたビーは、タイで絶大な人気を誇るポップ歌手。今回が映画初出演で、みずみずしい魅力はソーン先生にぴったり。ひとり赴任した小さな学校で、手書きの日記を読む背中に寂しさを感じつつ、観客もエーン先生に思いをはせるだろう。監督は微笑んだ。

 「ネットもつながらない隔絶された環境。一人になることは自分に向き合うことでもある。それは誰かを精一杯思うことができる空間、時間でもありますよね」

(聞き手:魚躬圭裕 写真:阿部陽子)

「すれ違いのダイアリーズ」(2014年、タイ)

監督:ニティワット・タラトーン
出演:スクリット・ウィセー
トケーオ、チャーマーン・ブンヤサック、スコラワット・カナロット

2016年5月14日(土)、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.moviola.jp/diaries2016/

作品写真:(C)2014 GMM Tai Hub Co., Ltd.
posted by 映画の森 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「追撃者」砂漠が舞台の“人間狩り” マイケル・ダグラス、凶気の富豪を悠々と

tsuigeki_main.jpg

 米南西部のモハーベ砂漠。町まで150キロ、気温50度を超える過酷な地で、トレッキング・ガイドを務めるベン(ジェレミー・アーバイン)のもとに、大富豪のマディック(マイケル・ダグラス)を案内する仕事が入る──。

 エドガー・アラン・ポー賞を受賞したロブ・ホワイトのスリラー小説を映画化。原作を気に入ったダグラスが製作、主演を務め、スティーブン・スピルバーグ監督作「戦火の馬」(11)のアーバインが共演。仏出身の監督ジャン=バティスト・レオネッティがメガホンを取った。

tsuigeki_sub1.jpg

 凶気の大富豪が砂漠で「人間狩り」に興じる。広大な砂漠を舞台にした閉鎖的な物語だ。マディックは6輪駆動の高級ベンツで砂漠に繰り出す。探鉱者を誤射して死なせてしまい、もみ消そうとするがベンにとがめられる。すると狂ったマディックはベンの服を脱がせ、灼熱の砂漠に放り出す。人間狩りのスタートだ。ベンは生き延びるため、あらゆる知恵をしぼる。

 話は非常にシンプルで、出演者も少ない。演技と映像あっての作品だ。広大な砂の上に絶妙な絵を作ったのは撮影監督のラッセル・カーペンター。「タイタニック」(97)、「チャリーズ・エンジェル」(00)などの大作を手がけたカーペンターが、視覚的な緊迫感を生み出した。

tsuigeki_sub2.jpg

 ダグラスがサディスティックな悪役を余裕たっぷりに演じている。獲物になったベンを追う時、手にするのはワイングラス。ベンを手のひらで、ワインを舌で転がしながら、残酷なゲームを楽しむ。アーバインも負けていない。若く俊敏な肉体と知恵を駆使し、執ような攻撃をかわしていく。演出は最後までぶれず、ひとひねり加えた幕引き。息をつく間もないスリラーだ。

(文・藤枝正稔)

「追撃者」(2014年、米国)

監督:ジャン=バティスト・レオネッティ
出演:マイケル・ダグラス、ジェレミー・アーバイン、ハンナ・マンガン・ローレンス、ロニー・コックス

2016年5月14日(土)、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.tsuigekisha.com/

作品写真:(C)2014 Furthur Films, Inc. All Rights Reserved

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

「ルートヴィヒ デジタル修復版」バイエルン国王の狂気と破滅 ヴィスコンティの荘厳世界

vis_main.jpg

 イタリアの巨匠、ルキーノ・ヴィスコンティが「地獄に堕ちた勇者ども」(69)「ベニスに死す」(71)に続いて完成させた“ドイツ三部作”の最終作である。

 1864年、18歳の若さでバイエルン国王に即位したルートヴィヒ2世は、国政を顧みることなく、芸術に耽溺する日々を送っていた。関心のあるのは、心酔する作曲家ワーグナーの作品を上演する劇場を建設すること、そして自分のロマンティックな空想を壮麗な城として具現化することだけ。いずれも莫大な予算を要し、国家財政を疲弊させていた。

 そんなルートヴィヒの心を占めるものがもう一つあった。それは美しい従姉のエリザベート王妃だ。人目を忍んで逢瀬を重ねるが、しょせんかなわぬ恋。エリザベートへの恋心は封印し、彼女の妹を妻に迎える。しかし、エリザベートを忘れることはできず、結婚生活はほどなく破綻。その後、ルートヴィヒは社会に背を向け、隠遁生活に入る。

ヴィスコンティと美しき男たち.jpg

 前半は、ルートヴィヒとエリザベートとの危なげな関係が焦点の一つとなっている。ルートヴィヒの思いを半ば受け止め、半ばそらすような微妙な距離感で、結果的に男の純情をもてあそぶエリザベート。エロティックだが決して下品ではない。挑発的だがみだらではない。抗(あらが)いがたい魅力でルートヴィヒを虜にする王妃に、ロミー・シュナイダーが扮し、絶品の演技を見せる。

 後半は外部との接触を断ち、孤独で退廃的な生活を送るルートヴィヒが、しだいに精神に異常をきたし、破滅へと向かっていく姿が描かれる。男色に耽り、歯が抜け、美青年の面影を失っていくルートヴィヒ。演じるは、実生活でヴィスコンティ監督と恋愛関係にあったともされるヘルムート・バーガー。その姿を見つめるカメラは、ヴィスコンティの視線そのものでもあったろう。

 完ぺき主義のヴィスコンティらしく、全編ロケ撮影という贅沢さ。ワーグナーの荘厳かつ官能的な音楽をバックに、絢爛たる映像が構築されている。

 今回上映されるのは、初公開時に大幅カットされた部分を復元した4時間バージョン。デジタル修復により本来の映像美もよみがえり、ヴィスコンティの世界が堪能できる。

 本作は「ヴィスコンティと美しき男たち」と銘打った特集上映の1本として、アラン・ドロン主演の「山猫 4K 修復版」(1963)と同時公開される。

(文・沢宮亘理)

「ルートヴィヒ デジタル修復版」(1972年、伊・仏・西独)

監督:ルキーノ・ヴィスコンティ
出演:ヘルムート・バーガー、ロミー・シュナイダー、トレヴァー・ハワード

2016年5月14日(土)、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://www.facebook.com/visconti110/

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

「ヴィクトリア」全編140分ワンカット撮影 悪夢の一夜、息つかせず一気に

main_large.jpg

 まぶしい光が交錯する独ベルリンのクラブで、激しく踊る女性ヴィクトリア(ライア・コスタ)。3カ月前にスペインから来たばかり。帰り道に路上で地元の若者4人組に声をかけられる。ドイツ語を話せず、友人もいないヴィクトリアは、しばし楽しい時間を過ごすが、4人組は危ない事情を抱えていた──。

 全編ワンカット撮影の140分、すべてベルリンでロケ撮影。ヴィクトリアが巻き込まれる悪夢の一夜を、ノンストップで映し出す。セバスチャン・シッパー監督がわずか12ページのメモを渡し、俳優は即興演技に挑んでいる。ベルリン国際映画祭で銀熊賞など3賞受賞。注目を集めた作品だ。

sub_a_large.jpg

 ナンパのような出会いから、犯罪に巻き込まれるヴィクトリア。簡単に心を許す展開に甘さも感じあるが、ワンカット長回しの勢いでグイグイ観客を引っ張っていく。4人組は「刑務所で世話になった人物に借りを返す」と言い、ヴィクトリアも手伝うことに。運命の歯車は徐々に狂い始める。

 中盤までは起伏がなく、まったりとした展開。その後「仕事」という名の犯罪が実行に移され、一気に悪夢の犯罪サスペンスに変わっていく。ワンカットのため片時も俳優から離れないカメラ。刻々変わる状況に合わせる柔軟な演出。若く躍動感あふれるキャスト。化学反応はプラスの方向へ転がり、観客の予想の一歩先を行くドラマが生まれた。ドイツ映画の勢いを感じさせる作品だ。

(文・藤枝正稔)

「ヴィクトリア」(2015年、ドイツ)

監督:セバスチャン・シッパー
出演:ライア・コスタ、フレデリック・ラウ、フランツ・ロゴフスキ、ブラック・イーイット、マックス・マウフ

2016年5月7日(土)、渋谷シアター・イメージ・フォーラムほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.victoria-movie.jp/

作品写真:(C)MONKEYBOY GMBH 2015

posted by 映画の森 at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする